ベッドの引越しが安い業者の見つけ方

ベッドのみの運搬なら、安い業者はどこなのか気になりますね?

実はこれ、無料の一括見積もりサービスを使えば簡単に見つけることができます。

最短1分。ベッドの引越し相場も分かる引越し価格ガイド⇒⇒

 

もちろん、ベッドのみ単品でも格安で運べる業者は全国に居ますので、各社の料金を比較しないのはもったいないです。

一括見積サービスのメリットは、同じ条件で他社との料金を比較できる点です。

業者同士での価格競争もしてくれるので、安いところを探すにはもってこいの節約サービスなんです。

実際に、料金を比較しただけで50%も差額が出ることもあるんですよ。

それに引っ越しなら、マットレスの梱包から解体・設置、さらには荷造り資材まで必要になりますね。

大変なことをすべてお任せ出来て、しかも料金が安い業者を見つけるべきなんです。

もちろん、相場を調べるだけでもご利用可能なサービスなので、節約のためにお役立てください!

かんたん1分!ベッド引越しの最安値を見つける一括見積もりサービス

引越し価格ガイド

 

最大で50%も安くなる引越し価格ガイドは、かんたん1分で引越し相場も分かる無料サービスです。

大手のアート引越しや佐川から、中小の企業まで最大10社比較することで最安値の業者が見えてきます。

ご利用の実績が3973万件突破と今人気のあるサービスで、10万円キャッシュバックのキャンペーンも実施中です!

公式サイトはこちら⇒⇒

 

suumo引越し

スーモ引越しは、業者とメールのみでやり取りが出来る無料の一括見積もりサービスです。

対応が出来る引越し業者の中で、好きな業者のみを選択できるので、見積もりは少なくても良い方にお勧めです。

また、提携中の引越し業者による資材の無料提供や基本料金が安くなるなど特典も付いてきます。

公式サイトはこちら⇒⇒

 

 

そもそも、ベッドの引越し費用っていくらぐらいかかるの?

ベッドだけの引っ越しの見積もりを依頼する前に大体の相場も知っておきたいですね。

運送業者では単品で下記表ぐらいの金額が提示されます。

ベッドの引っ越し費用目安表

ベッドサイズ/距離近距離(100㎞未満)長距離(100㎞以上)
シングル10,000~15,000円15,000~20,000円
ダブル15,000~18,000円20,000~28,000円
クイーン20,000~25,000円30,000~35,000円

(解体・組み立て、梱包、養生費用込み)

ベッドはマットレスやフレームのサイズが大きく、運び出しの手間や、梱包から養生まで工程が多いので引っ越し費用は高くなってしまいます。

この料金から値引きするには、長距離なら混載便の利用で安くすることが出来ますし、近距離なら時間指定のないフリー便で引越し費用を節約することも可能です。

さらに、運ぶ時期が繁忙期や閑散期でも料金は異なるので、相場を目安にこの機会に安い業者を見つけてみてください。

 

 

ヤマト運輸でベッドの引越しするならどんなサービスがある?

「ヤマト運輸だとどんなサービスでベッドを運べるの?・・・」

ヤマト運輸では、

  • 宅急便、
  • ヤマト便、
  • らくらく家財宅急便

がありますが、
この中では、らくらく家財宅急便のみでしかベッドを送ることができません。

らくらく家財便のメリット

  • 費用は定額料金
  • 梱包から設置までしてくれる
  • 時間指定が可能(午前中の指定または、午後から3時間単位で指定)
  • 荷物の追跡が可能

らくらく家財便のデメリット

  • 解体組み立て作業は別料金(引越し業者なら無料サービスが多い)
  • 現金先払いのみ(クレジット・電子マネー不可、着払い不可)
  • 荷物一つにつき料金発生(マットレスとベッドフレーム配送は別料金)

らくらく家財便では、ベッド一体型でない限り、マットレスとフレームは別配送になるため個々に費用がかかります

らくらく家財便のマットレス料金表

マットレスだけの料金を見てみると、

マットレスサイズ(配送ランク)同一県内東京→大阪間
シングル:幅100㎝×長さ195㎝
(Dランク)
10,945円12,375円
セミダブル:幅120㎝×長さ195㎝
(Eランク)
16,555円19,525円
ダブル:幅140㎝×長さ195㎝
(Eランク)
16,555円19,525円
ワイドダブル:幅150㎝×長さ195㎝
(Fランク)
23,375円26,345円
クイーン:幅170㎝×長さ195㎝
(Fランク)
23,375円26,345円

にプラスしてベッドフレームも別に送る場合はその費用も併せて発生します。(梱包後のサイズになるため若干料金が上がる場合もあります。見積もりは現地査定です。)

見積もりは無料なので、ヤマトと併せて他業者との比較をして安い業者を探してみてください。

 

ちなみに、ヤマト便なら安く送れますが、こちらは3辺合計が200㎝以内のため、マットレスの配送は不可能です。

また、200㎝以下に収まる荷物でも、梱包は自分でしないと配送はしてくれません。

 

ベッドの引越し時はフレームの分解が必要!業者でかかる料金は?

「引越しの際にベッドは、わざわざ解体が必要なの?」

ベッドフレームはそのままでは搬出・搬入が不可のため、運び出す前には分解が必要になります。

ネジやボルト式で組み立ててあるベッドフレームなら解体は至って簡単です。

解体の手順

  • 念のため完成時の写真を撮っておく
  • 道具の準備(ドライバーまたは六角レンチ)
  • マットレスを外す
  • 上から順に大きい部品から外していく
  • 接着剤で留めてある部分は分解しない

紛失しやすいのがネジやボルトです。必ず袋を用意して外したら入れるようにして下さい。
また取扱説明書もあれば、一緒に梱包しておきましょう。

 

組み立ての手順

  • 部品の紛失、またマットレス、フレームに傷が無いか確認
  • 設置場所の確保(床を保護するために下にブルーシートを敷く)
  • 取扱説明書、解体前の写真を参考にする
  • 下から順に組み立てていく
  • ネジ締めは仮止めを行ってから、対角線上に絞めていく
  • グラつきが無いか確認してからマットレスを乗せて完了。

解体が出来ないベッドもある

「なんか解体出来ないんだけど・・・」

ikeaやニトリのベッドは接着剤で組み立てるタイプが多いので、解体が出来ません。
もし、解体すると組み立てができない、もしくは設置後グラつきが起こるため、実際、引越し業者でも荷受不可のところが多いです。
解体出来ない大きなベッドは、搬出・搬入難しいので処分して引越し先で再度購入するか自力で運搬するしかありません。

 

業者に解体・組み立てを依頼した場合の料金目安

「面倒だから、業者にやってもらいたいんだけど・・・」

ちなみに、業者に分解・組み立ての料金目安を見てみると、

ベッドタイプ解体組み立て
通常のベッド3,000円3,000円
2段ベッド4,500円4500円
電動ベッド9,000円9,000円
ロフトベッド12,000円12,000円

これはクロネコヤマトの料金表ですが、他業者では詳しく掲載されていないため見積もりが必要です。

また、簡単な組み立てベッドであれば、引越し業者なら無料サービスで行ってくれる業者もございます。

 

ベッドの運賃が高すぎる!自分で運んだ方が安いがお勧めできない。

「結局、自分で運んだ方が安いんじゃないの?」

ベッドを自力で運ぶには、軽トラ以上のトラックが必要になるのが難点です。

(マットレスが大きい為、自家用車で運ぶのは現実的ではありません。)

もちろん、軽トラさえ無料で用意できれば時間と労力のみで済みますが・・・

軽トラレンタカーの料金比較

会社名/時間6時間以内12時間以内24時間以内延長1時間につき
ニコニコレンタカー4,510円5,500円6,820円2,310円
ニッポンレンタカー5,500円6,600円7,700円1,100円
カースタレンタカー3,500円4,500円5,500円1,000円

レンタル料金にプラスして返却時にはガソリン代も必要です。
梱包は毛布を掛けるだけで良いですが、雨天時の運搬は無理のため、お天気との相談になります。

ちなみに、軽トラの荷台は、

  • 横幅は140㎝
  • 長さは200㎝

と意外に小さいため、セミダブル以上は寝かせて運べず、立てなければ荷台に収まりません。

(ダブルベッドで横幅は140㎝になるため。マットレスサイズは上記を参照

もう一点、自力運搬で忘れてはいけないのがマットレスの重さです。

 

マットレスの重さ目安

ベッドサイズ重さ
シングル7㎏~14㎏
セミダブル9㎏~17㎏
ダブル10㎏~20㎏

(メーカーにより異なります。)

自分で持ってみて運べるか試すのが一番早いですが、この重さのマットレスを、2階から降ろし、トラックに積み込みまた搬入する。

場合によってはマットレス自体を傷つけるのが、自力運搬をお勧め出来ない理由の一つです。

 

ベッドのみ一つ運ぶだけでもこれだけ労力やがかかる訳ですから、料金さえ折り合えば格安業者にお任せしてしまう方法も視野に入れてください。

結局、処分して買った方が安い?

「運賃がベッド代より高いんだけど・・・」

安価なベッドであれば、無理に運ぶよりも引越し先で買い替えた方が安いこともありますね。

処分方法は、自治体での回収依頼が安上がりです。

大型家具処分のシールを購入後、張り付けて玄関前に出すだけです。

(お住いの自治体により対処法が異なりますので、ご確認ください。)

その他では、

  • リサイクルショップでの売却、
  • 急な日程であれば、引越し業者に処分を依頼する

方法もあります。

まとめ

  • ベッド単品の引越しでも、遠慮せずに複数社から無料見積もりを取る
    時期的要因や配送方法で安い業者が見つかることがあるため
  • 自力での運搬は、近距離かつ軽トラを用意できる場合のみ検討する
  • 安価なベッドは、送料と比較して買い替えを検討する

ベッドのみでも格安で運べる業者は全国にあるので、少しの時間をかけてじっくり見積もり比較を行ってみてください!

ページ上部へ戻る